世界の不思議一覧

歴史の不思議

「日航ジャンボ機墜落事故」


あなたは1985年8月12日18時56分に、日本航空123便が群馬県多野郡上野村の御巣鷹の尾根に墜落した事故をご存知でしょうか?
あまりに有名なこの墜落事故の飛行機は、お盆の帰省ラッシュのため、乗客乗員あわせて524名と、多くの人が搭乗しており、「上を向いて歩こう」で有名な坂本九さんの他、多くの著名人もここで最後をむかえました。
死亡者数は乗員乗客524名のうち520名、生存者はたったの4名…。
当時この事件リアルタイムをで見ていた人に話を聞くと、多くの人が「あの事件はもっと多くの人が助かったはずだ」というのです。

この事件には謎が多く、陰謀説が多くの人に唱えられてます。

生存者の一人である落合由美さんの証言と混ぜ合わせて事件をみてみましょう。

<発生>

1985年8月12日、乗客509人・乗員15人を乗せたJAL123便は定刻をやや遅れて18時12分に離陸。
お盆の帰省ラッシュのこの日は女性や子供も多く落合由美さん席の周囲にも、若い女性の姿が目立っていたそうです。

18時24分(離陸から12分後)緊急事態発生。
突然の「バーン」という衝撃音が鳴り響き、それと共に酸素マスクが自動的に落ちてくるほどでした。
この時は大きな振動を感じる事もなく、パニックにはならずにざわめく程度。
しかし123便の垂直尾翼が垂直安定板の下半分のみを残して破壊され、操舵が不可能になってしまっていたのです。

高濱 雅巳(49歳)機長 佐々木 祐(39歳)副操縦士 福田 博(46歳)航空機関士

▲やっと公開された事件当時の機内のテープ

 

乗員の指示により酸素マスクをスムーズにつけることができたが、機体は上昇、下降を繰り返します。
機内もだんだんパニック状態になってきて、落合由美さんのまわりには、あわてて救命胴衣を膨らませてしまった男性が4.5人いたそうです。
不安と緊張の機内では男性のほうがパニックになっていたそうです。
そのうち子供の声が聞こえました。「おかあさーん」という声。
乗員の合図と共に安全姿勢をとります。
安全姿勢をとる直前、落合由美さんとなりのKさんに「緊急着陸して、私がもし動けなかったら、うしろのドアを開けて、お客様をにがしてやってください」と伝えたそうです。Kさんは「任せておいてください」と、とても冷静な声で言いました。Kさんと言葉をかわしたのは、これが最後です。

<墜落>

そして、すぐに急降下がはじまり、女の子の「キャーッ」と叫ぶのが聞こえます。

コックピットの機長の「もうだめだーっ」という声とともに無念の墜落。

 

衝撃の瞬間にいっぺんにいろんなことが起きます。
投げだされたような感覚、顔にいろんなものがぶつかってきたり、大量のホコリがまってきたり…。
由美さんは怖さのせいで、この時のことは記憶があまりないそうです。
少し痛みを感じ始めて由美さんはすごい事故にまきこまれたのだと、改めて気づきます。
直後に、「はあはあ」という荒い息遣いが聞こえました。ひとりではなく、何人もの息遣がそこらじゅうから聞こえてました。
「早く来て」と叫ぶ女性の声や、「おかあさーん」と呼ぶ男の子の声もしました。
由美さんは座ったまま、低いところに埋まっているような状態でした。
左の顔と頬のあたりに、となりに座っていたKさんが、寄りかかるように触っているのを感じましたが、すでに息はしていません。

やがて真暗ななかに、ヘリコプターの音が聞こえました。
これで、助かる、と由美さんは夢中で右手を伸ばしたけれど、ヘリコプターはだんだん遠くへ行ってしまいました。「助けて」「だれか来て」と、声も出したはずです。
このときもまだ、何人もの荒い息遣いが聞こえていたのです。

 

<救助活動?>

しかしこの後も救助はなかなかきません。

ヘリは政府の命令で撤退されていたのです。

飛行機を目撃した民間人が自衛隊に落ちた場所を伝えたそうですが、「そんなはずない」などとと、聞く耳を持たなかったそうです。

明らかに煙りが立ち上っていたのに、落ちた場所がわからないなどと、捜査を混乱させていました。

 

気がつくと、あたりはあかるくなり、夜が明けたのに物音は何も聞こえません。まったく静かになっていました。「生きているのは私だけかな?」と由美さんは思いました。

しかし「がんばりましょう」誰かに声をかけてみます。

返事はありません。「はあはあ」いう荒い息遣いも、もう聞こえませんでした。

 

しばらくするとすぐ近くで「手を振ってくれ」という声が聞こえ、由美さんは右手を伸ばして、振りました。

「もういい、もういい」「すぐ行くから」

彼女は助かったのです。

生存者4名。

<異常な行動>

これは一説ですが、この周辺でミサイルの実験など、国民には言えないミスが発生したのではないでしょうか?
それを裏づけるのに、いち早く救助活動開始していた米軍のヘリが、事件現場の近くに来たにも関わらず中曽根総理から中止要請がでたそうです。
米軍の元大佐が、この罪悪感を事故から10年後に証言。

 

▼問題ある行動をまとめました。
・墜落直後いち早く現場に到着し救助活動開始していた米軍に中止要請がでた。
・自衛隊は一晩中でたらめな現場情報を流し続ける。
・当時のボイスレコーダーは最近まで公開されなかった。
・待機命令無視して救助に向かおうとした隊員が射殺される。
・翌朝救助隊が現着したら既に自衛隊が人命救助そっちのけで物体を吊り上げていた。

 

航空事故調査委員会が公表した報告書では、圧力隔壁の破損が事故原因とされたが、これになっとくできない遺族などの一部から再調査を求める声があるのに行われていません。

 
inserted by FC2 system